PRP 치료의 가능성

PRP 치료의 가능성

PRP療法をアスリートへ行うようになって 大きな可能性を期待しています。
美容医療分野では広く普及しているPRP療法も アスリートへの故障個所への施術ということでは 国内ではほとんど行われていないのが現状です。
プロトコールや手技が確立していないこともありまだ発展途上ですが、これまで施術を行ったアスリートたちの経過を考えると 素晴らしい治療法であることは間違いありません。

引退を考えていたアスリートが現役で活躍できる。

腱の炎症は安静が一番ですが、アスリートにとってこれは無理な話です。
鎮痛剤もほとんど効果が期待できません。
副作用覚悟で 大きな試合前にはステロイド注射。
痛みは一時的に止まりますが 根本的に改善することはありません。

何度も繰り返して行えば 腱はもろくなり断裂のリスクが増します。

かえって血行不良になり痛みが増加することもしばしばあります。

全ては血流。
血流が確保できれば 創や炎症はすぐに治るのですが残念ですが腱のの中には 筋肉のような豊富な血管は存在しません。

だから治りにくいのですね。

再生医療であるPRP療法は血小板から放出される数々の成長因子が 微小断裂した腱を修復し炎症を抑えます。

根本的治療でありほぼ確実に効果が期待できます。
腱の強度も増加します。
もちろん、ドーピングではありません。

パラリンピック3大会入賞でロンドン大会ではメダルも期待される 鈴木徹選手・・・
100の痛みが 10に と表現されたように劇的な改善にご本人が驚いています。
慎重に症例を重ね プロトコールや手技を確立していきたいです。