인간 력을 측정 할 수있다!

인간 력을 측정 할 수있다!

大学院での研究は自律神経、とりわけ 超人の自律神経が最大負荷に対してどう変化し、免疫との関連でした。

これからの 時代は 脳科学ではなく

自律神経科学です。

心と身体をつなぐ自律神経。

メンタルトレーニング、イメージトレーニング・・・

残念ですが、効果はあまり期待できません。

不安を取り除くのは メンタルトレーニングではなく 自律神経コントロールです。

エビデンスがあり 多くの論文もみられます。

アフガンやイラクの多くの帰還兵がPTSDで悩んで社会問題にもなっている米国では この深刻な問題に対処するために イメージトレーニングではなく自律神経機能向上トレーニングを採用しています。

宇宙開発の宇宙飛行士のトレーニングプロジェクトにも採用されています。

バイオフィードバックトレーニング。

まさしく 人間のソフトウエアをバージョンアップさせる究極のトレーニングです。

もともと 旧ソビエト連邦で 宇宙飛行士や軍のスペシャリスト育成のプログラムとして採用され 多くの研究者がしのぎを削った分野です。

15年以上前から私は この分野が必ず 医学でもスポーツでも健康でもビジネスでも注目を集めると世界中からシステムを購入して臨床研究を行ってきました。

上司の順天堂大学医学部教授 小林弘幸先生がこの可能性と有用性を認識され研究を大学レベルで推進されました。

現在では、オリンピック金メダリスト、メジャーリーガー、世界で活躍するレーシングライダー、ドライバー、プロボクシング世界王者、などトップアスリートの県債、指導をこのシステムで行うとともに

自律神経科学を普及させるべく 一般の方への検査とコンサルティング、啓もう活動を進めています。

自分のソフトウエアの能力がわずか5分で判定される!
これは凄いです!!
ストレスに強い、弱いまでわかります。

あいまいな 脳科学をすでに超えた注目度になっています。

定量評価ができ数値で能力がわかる!!

アスリートも筋力や競技力では測定できない ソフト部分の能力がわかるため 大舞台で緊張しなくなることも!!

来年1月にはすべてこの トレーニング法の内容を新書出版で多くの方へご紹介できればと考えています。

自律神経強化であなたも ソフトウエアはトップアスリート!・・・可能かも。