미용 외과 불구속 입건

미용 외과 불구속 입건

昨日の報道です。
脂肪吸引を安易に行っている施設がありますがリスクはかなり大きくこれまでも多くの美容外科が多くの患者様が犠牲になっています。・未熟な医師に低価格で雑に行わせていたことが今回の事故の原因の一つであると考えます。
腹膜穿孔もしくは腸管穿孔による急性腹膜炎での死亡の可能性が高いと考えます。
この事故は雑に急いで手術を済ませようとするとき 起こりうることです。このクリニックではディスカウントを売りに過去も複数の死亡者を出しているようです。

このクリニックで勤務され不十分な知識や技術で 大手美容外科クリニック院長、数千例の症例を経験と ご活躍されている先生もおられますが、 美容外科手術はリスクが必ずあり慎重に行うべきと考えます。

東京都豊島区の品川美容外科池袋院で2009年、脂肪吸引手術を受けた荒川区の無職前田京(みやこ)さん(当時70歳)が死亡した問題で、警視庁は9日、港区の同美容外科品川本院や執刀した男性医師(37)の滋賀県内の自宅など数か所を業務上過失致死容疑で捜索した。

同庁は関係資料を押収し、今後、医師を同容疑で書類送検する。

捜査関係者によると、医師は09年12月2日、前田さんの腹部の皮下脂肪をかき出して吸引する手術の際、誤って吸引管で内臓を傷つけ、死亡させた疑いが持たれている。

前田さんは帰宅後に嘔吐(おうと)を繰り返し、2日後に死亡。司法解剖の結果、死因は内臓の損傷に伴う脱水症状とみられている。

この問題で同庁は前田さんが死亡した後の同月11日に品川本院や池袋院などを捜索した。その結果、前田さんは高齢で、腹部の筋肉などが弱いのに、吸引管の扱い方に慎重さを欠いたと判断し、容疑を裏付けるため、2度目の捜索に踏み切った。

医師は読売新聞の取材に、「これまで約300件の腹部の脂肪吸引手術を行ったが、事故は1件もなかった。前田さんについても注意深く手術を行っており、なぜ死亡したのかわからない」と話している。